Home > スタッフ釣行記 > 8月21日(水) 明石沖ジギングin大雄丸!

8月21日(水) 明石沖ジギングin大雄丸!

連日、青物が好調な明石沖へ、須磨の大雄丸さんで行ってきました~dash19dym08 (10).png急流ポイントの明石海峡なので、水深約60mですが肩慣らしに「ロッツオブアート」の「ナムジグ250g ミドリキン」を投入すると、早々に船中ファーストヒットscissors19dym08 (2).png船縁まで寄せてきたハマチは、サポーターの健さんによって手早く「ネットイン→鈎外し→イケスへin」って写真を撮る暇が無いよ~coldsweats01

船中でも次々とヒットし出し、健さんタモ入れに大忙しsweat01

少し潮が速くなってきたので、「ナムジグ350g」を投入~punch19dym08 (1).pngジグを大きくしてもハマチは変わらずヒットし、メジロも混ざりますshine19dym08 (6).png今回はフォール中のアタリが多く、食べていたエサ(アジ、ウルメイワシ、イカ)とジグの大きさに関係なく、ヘビージグの早いフォールスピードに反応が良かったのではないでしょうか?19dym08 (11).png同船したスタッフ阿部もハマチの中からメジロをキャッチgood19dym08 (5).pngそんな青物ラッシュの中、メジロクラスの引きを魅せたのは、ナムジグ350gを咥えたマダイ(65cm)coldsweats0219dym08 (7).png終わってみれば、メジロ2本、ハマチ9本、サゴシ2本、マダイ1枚と大満足happy02

船中16名でマダイ2枚、メジロ2本、ハマチ64本、サゴシ6本、ツバス1本、石鯛1枚の爆釣でしたshine19dym08 (8).png今回、私は16回ヒットの14匹キャッチで90%近いキャッチ率でした。

使用したアシストフックは当店オリジナル「ハイパーアシストR」19dym08 (3).pngシングルで使用しても余裕の強度とバレにくい形状、ジグへの絡みを抑えたショート設計で驚異的なキャッチ率を誇ります。

今回お世話になった大雄丸さんではツインのアシストフックが禁止なので、「ハイパーアシストR」がオススメです。

 

今年の明石沖は青物が絶好調!

オフショアジギングを始めてみたい方、チャンスですよ~good

須磨~明石沖に最適なタックルについてはお気軽にご相談くださいませ~confident

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > スタッフ釣行記 > 8月21日(水) 明石沖ジギングin大雄丸!

検索
Feeds

ページ上部へ戻る