Home > スタッフ釣行記 > 7月30日(月) ジギングシーズン開幕in大雄丸!

7月30日(月) ジギングシーズン開幕in大雄丸!

今回は、最近、青物が好調な須磨~明石沖へ、須磨の大雄丸さんで当店スタッフの堀田と共に出撃punch180730dym (1).png前日(29日)はtyphoon台風12号の影響でどの船も出船できていない為、本日はノープレッシャー後を狙える格好のチャンスhappy02

しかも、朝10時に出船(普段は朝6時出船)という、爆釣必至の潮時に合わせた今崎船長の判断に期待せざるを得ませんshine

 

まずは、潮の流れが緩い午前中は鯛カブラですが、鯛の反応がイマイチなので・・・

ジグに変えて数投後、「ゴンッ!」180730dym (5).png丸々と太った「ハマチ」をキャッチshine180730dym (6).pngヒットジグは「ロッツオブアート」の「ドギー140g」。

カラーは艶めかしいカラー変化で幅広い状況に対応する、高実績の「エロエロシルバー」。

 

鯛カブラのポイントでは船中でマダイが1枚キャッチされたのみで、いよいよ本命のハマチ狙いへ移動up

 

潮が動き出し、200g程度のジグでなければ底取りし辛い状況で、「ロッツオブアート」の「ナムジグ250g」を投入。180730dym (7).png船中でも次々と「ハマチ」がキャッチされだし、ほどなくして私も「ハマチ」をキャッチ出来たのですが、大雄丸さんの、タモ入れ→フック外し→イケマヘ直行していく手際の良い魚の処理coldsweats02

写真撮影の暇は有りませんが、時合の短い状況ではこの手際の良さが釣果を左右しますgood

 

さらに、お昼過ぎに手渡してもらえるキンキンに冷えたおしぼりが、日焼けで火照った肌をクールダウンdown180730dym (2).pngヤル気スイッチが再びONになるこのサービス、夏場には嬉しすぎますup

 

今回、終了間際には95cmのブリもキャッチされ、須磨~明石沖のジギングシーズン突入~な感じですねhappy02180730dym (3).png大雄丸さんでは、釣り上げられた魚達は全て、血抜き後に神経締めの処理をした上でビニール袋に入れて手渡してもらえるので、釣り上げた魚をほとんど触る事がありませんshine

漁師を兼業している船長さんだからこそ、魚を持って帰って美味しく食べてもらえるようなサービスと心遣いをされているんですね~flair

 

今回の私の釣果は「ハマチ」3本と船中での平均的な釣果でしたから、良しとしましょう。

同行したスタッフ堀田の釣行記はコチラからどうぞ!

 

帰宅後、服を脱ぐと・・・(;゚Д゚)180730dym (4).png超恥ずかしい日焼けの跡が・・・crying

その理由は強力な日焼け止め効果のある↓このインナー。180730dym (8).png着用していればほとんど日焼けしない、夏の釣りには欠かせないアイテムでオススメですshine

 

ジギングシーズンに突入した須磨~明石沖は、比較的お手軽にジギングを始める事が出来る恵まれたフィールドです。

タックルを揃えるのに多少の費用は掛かってしまいますが、自分で釣った新鮮で美味しい魚を食べる事が出来る、楽しい趣味です。

日程が合えば(平日限定になってしまいますが)、私が同行しての釣行も可能ですので、「ジギングを初めてみたいんだけど~」って方はお気軽にご相談くださいませconfident

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > スタッフ釣行記 > 7月30日(月) ジギングシーズン開幕in大雄丸!

検索
Feeds

ページ上部へ戻る