Home > スタッフ釣行記 > 3月28日(水) 超激渋・・・南紀ティップラン!

3月28日(水) 超激渋・・・南紀ティップラン!

個人的に今季ラスト!?になるであろう、南紀のティップラン!

和歌山県周参見港出船の「第八大洋丸」さんにお世話になってきました。

今回は【がまかつ】フィールドテスターの永田広也氏も同船してくださりましたhappy02

 

出船してまず目に入ったのは、いたる所で発生しているナブラsign01

ティップランは全く関係ありませんが・・・(笑)

1804052.jpg1804053.jpg第八大洋丸の長野船長いわく、

「一日中どっかしらでナブラやってるから、青物のキャスティングもおもろいよ~」

実際この日も、別船でタイラバついでにキャスティングをされた方は、3投でメジロ4匹coldsweats02

翌日もかなりの数の青物がキャッチされたそうで。

こちらも見逃せませんね~happy02

 

で、肝心のティップラン。

無風&緩潮という、ティップランには最悪の条件shock

船中6人、口数少なく真剣に狙いますが・・・午前10時半の時点で船中ゼロsign02

 

やばい雰囲気がムンムンする中、お昼頃に永田氏が待望の1杯shine

1804044.jpg船もエギも流れない悪条件と見るや、胴突きオモリ+ノーマルエギの胴突き仕掛け。

様々な条件に対応する為に武器を沢山持っておかなくてはいけませんね~(^^;)

 

昼過ぎにすこ~し潮が動き出したタイミングで、同行のO様とY様にもヒットsign01

1804043.jpgこちらは通常のティップラン用エギで。

僕のエギには( ^ω^)・・・

そのまま帰港時間。

 

遂にティップランでボウズを味わう時が~~sad

と思っていたら、永田氏からある提案が。

「このまま通しで夕マヅメ狙いません?」

はい、やりますともrock

 

結局、4人/6人がそのまま居残り特訓sign01

相変わらずの無風&緩潮、僕のティップランエギには無反応・・・。

胴突き仕掛けではコンスタントにイカの姿が!

1804042.jpg【がまかつ】ノーマルエギ、エヴォリッジにて。

 

そして釣れたイカを追ってきた個体をノーマルエギでうまく誘いダブルヒットも(/・ω・)/

1804041.jpgそして迎えた夕マヅメup

良い具合に風と潮も動きだし・・・ここで釣らなければいつ釣るの!?というタイミング。

何度かアタリが有ったものの乗らず。

3度目のアタリでようやく!

1804054.jpg小ぶりながらなんとかボウズ逃れ。

今季最終戦はかなりハードな一日となりましたsweat01

 

ティップランはまだまだシーズンが続くものの、条件によってかなり釣果の差はありそうです。

それでも水温の上昇はこれからsign01

アオリイカの他にも青物やディープタイラバなどなど、これから和歌山の釣りにも目が離せませんwink

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > スタッフ釣行記 > 3月28日(水) 超激渋・・・南紀ティップラン!

検索
Feeds

ページ上部へ戻る