Home > オススメ商品 > | 入荷情報 > ライフジャケットの着用義務について(修正版)

ライフジャケットの着用義務について(修正版)

「国土交通省では関係法令を改正し、平成30年2月からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化します。」って事が決まりました。

国土交通省のHPを見ても専門用語が多く、釣り以外のマリンレジャーと一緒に書かれていたりして良く解りません。

そこで、船で釣りをする時はどんなライフジャケットを着用すれば良いのか?をなるべく分かり易くなるように書いてみたのですが。。。

さらに詳しく調べてみると、使用出来る場所の区域、ライフジャケットの種類にもう少し細かな設定が有りましたので修正させて頂きました。18lj5.pngまず、これからは船で釣りをする人は全員、ライフジャケット(救命胴衣)を着用しないとダメなんですね。

今までは「出来るだけ着用してね。(努力義務)」だったのが、これからは「絶対に着用してね。でないと船長が免許停止になっちゃうよ。(着用義務)」に変わったんですね。

ライフジャケットは事故の際の生存率を上げる効果が高く、大切な命を守るために絶対に着用してください!18lj6.pngそして、「どんなライフジャケットを着けなくてはいけないのか?」というのも決められています。

まず、「国の安全基準に適合したライフジャケット(救命胴衣)」が大前提です。

それには↓こんな「桜マーク」が印字されています。

18sakutra.png事故の際に安全に機能し、丈夫で壊れない基準を満たしている国が認めた物ですね。

ライフジャケットにプリントされている↓こんな表示(青い丸)の中です。18lj2.png「桜マーク」が付いていないライフジャケットを着用していても非着用の扱いです。

桜マークが付いていない「安全ではないかもしれないライフジャケット」を国が許可するわけにはいかないからですね。

さらに、  (黄色い四角)に書いている「小型船舶用救命胴衣」である事。

一般的に販売されている救命具の中には「小型船舶用救命浮輪」「小型船舶用救命浮環」「小型船舶用救命補助具」などが混在していて、これらは着用していても非着用の扱いになってしまいますので注意が必要です。

「小型船舶用救命浮輪」「小型船舶用救命浮環」はポーチ型で膨張すると「浮輪」が出て来る↓こんなタイプですがダメです。bsj-lr01r-02.jpg「小型船舶用救命補助具」は浮力が小さく、長時間の漂流が出来ないのでこれもダメです。

そして、チョット分かりにくいのが上図の(緑色の四角)に書いている「胴衣の分類」ですが、沖に出て釣りをするなら「全ての航行区域に適応」する「TYPE A」の「小型船舶用救命胴衣」なら間違いありません。

「TYPE D」は「沿岸区域」、池や湖、川などの「平水区域」に限定されます。

「TYPE F」は渡船を利用した磯、波止では使用できますが、それ以外の区域での使用は認められません。

「TYPE G」は浮力の小さな「小型船舶救命補助具」なのでダメです。

つまり、船で釣りをする場合に必要なライフジャケットは

「桜マーク付き」

「小型船舶救命胴衣」

「TYPE A」を選べば安全安心です。

「TYPE A」以外のライフジャケットをお持ちの場合は、関西圏の方は下の表と地図をご覧ください。

日本海側はほぼ沿岸区域で平水区域は有りませんのでご注意ください。

他の地域の方はコチラから行かれる釣り場を選んで「沿岸区域」と「平水区域」をご確認くださいませ。

18ljtgh.png18ekz.pngいま一度、お手持ちのライフジャケットが適合する物かどうかをご確認ください。

また、これから買われる方はスタッフにお気軽にご相談くださいませ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > オススメ商品 > | 入荷情報 > ライフジャケットの着用義務について(修正版)

検索
Feeds

ページ上部へ戻る