Home > スタッフ釣行記 > 12月8日(金) 毎冬恒例の朽木トラウトフィッシング!

12月8日(金) 毎冬恒例の朽木トラウトフィッシング!

毎年寒くなりあらゆる釣り物が厳しくなるこれからの季節の恒例、

滋賀県高島市の「朽木渓流魚センター」に行ってきました!

魚種の多さ・魚影の濃さ・水質の良さは抜群のこのフィールド、

冬場の釣りをお探しの方には、1度でいいから是非訪れていただきたい釣り場ですwink

ただし高地にあるので、これからの時期の雪と路面凍結には要注意danger

 

この日も寒波の訪れ、積雪はまだだったものの気温は1~3℃で雨&雪coldsweats01

しかし寒冷地出身のマス達は元気sign01

もちろん見えていながらもなかなかルアーに食らいついてはくれませんが、

ルアーの動きやレンジ・トレースコースでこの日のパターンを探しますdash

 

まずはミノーイング。

【ダイワ】ダブルクラッチ45F11712102.jpgロングリップ+高浮力ボディでメリハリの効いたアクションが特徴のエリア専用ミノー!

色々試して今回効果的だったのは、流心を横切るように低速巻き→一瞬ストップ→低速巻き。

巻きが早かったりただ巻くだけだと追ってくるだけ、ストップが長いと帰って行く・・・

ってな感じでしたcoldsweats01

1712105.jpgこの釣りではイワナが連続ヒットwink

一瞬ストップした次の巻き始めでのバイトが大半でした(^^)/

 

流れの中でのミノーイングを一通り楽しんだ後、

今度は個人的に大好きな「フェザージグのサイトフィッシング」!

魚を確実に釣るなら「フェザージグ」、確かにそうなのですが・・・

これも「その日の当たりパターン」を見つけるとより一層爆釣に近づく事が出来ますup

 

タダ巻きやボトム放置にイマイチ反応が渋く、というか雨雪で魚が見づらく・・・笑

ようやく見つけたこの日の爆釣パターンは「ボトムコロコロ」。

流れに対してアップ(流れの上流)に投げ、

ルアーが底に引っ掛からない程度に、ロッド角度と巻き速度で調整しながら流してくる。

ルアーが底をコロコロ転がりながら川を下って来る・・・みたいなイメージです。

なので使ったのはいつもの”うさちゃんじぐ”ではなく、【ダイワ】鱒の華smile

丸っこいから転がりそうなので。笑

1712101.jpg周りのアングラーが沈黙する中、これがドはまりsign01

(結局微妙にサイトフィッシングでは無いですケドsweat01)

1712104.jpgニジマスがメインの釣りにはなりましたが、20~40㎝をメインに・・・

1712109.jpg60cmのビッグサイズもゲットhappy02

手が悴んでえらいこっちゃでしたが、この魚とのファイトで全部吹っ飛びました( *´艸`)

楽し!!

 

閉園は17時ですが、16時頃で雪が強くなり、ノーマルタイヤだったこともあり終了snow

1712106.jpg50cm以上の魚は持ち帰れない決まりなので、食べごろサイズをwink

 

気温は神戸より一回りも二回りも低いので、防寒はしっかりとして、

是非この熱い釣りにチャレンジしてみてください(≧∀≦)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > スタッフ釣行記 > 12月8日(金) 毎冬恒例の朽木トラウトフィッシング!

検索
Feeds

ページ上部へ戻る