Home > スタッフ釣行記 > 1月23日(月) またまた朽木渓流魚センター!のはずが・・・。

1月23日(月) またまた朽木渓流魚センター!のはずが・・・。

先日、

前々から「エリアトラウトに行ってみたいっ!」とおっしゃっていたお客様のY様と共に、

いつもの「朽木渓流魚センター」へsign01

当日は寒波到来で、現地は雪予報snow

スタッドレスタイヤを装着したY様の車に同乗させていただいたのですが、

滋賀県に入った辺りから大雪警報発令中の文字・・・。

(どうやらこの日、テレビでも多く報道されるほどだったそうですねsweat01

 

1701261.JPG↑朽木まで残り約25㎞ほどの地点。

1701262.JPG

↑どんどん山間部に入り、朽木まで残り約15㎞ほどの地点。

1701263.JPG

↑朽木まで残り約10㎞の地点。

流石に交通量も少なくタイヤの跡も無く、どこが道路かすらよく分からなくなりそうな感じcoldsweats01

 

そしてこの後、県道から細くて狭い山道に入ったところで事件発生danger

道路脇から軽く雪崩れて固まったであろう雪の壁に車が挟まれる感じで立ち往生( ゚Д゚)

幸い後続車がスコップを積んでらしたので、お借りして雪掻き&押し車・・・sweat01

そうこうしているうちに前から来た軽トラックの方が「この先雪崩起きてて行かれへんで~」

ここまで来たけど・・・残念crying

泣く泣く来た道を引き返します(>_<)

(北部に行く際は、チェーンと出来ればスコップも積んどかなければと勉強sweat02)

 

このまま帰るのも勿体ない気がした為・・・

そのまま京都の「嵐山フィッシングエリア」へdash

こちらは積雪も無く良い感じ♪

1701269.JPG

水質はややマッディー(濁り)ですが、足元で4m近く水深があり、

軽いルアーから重たいルアーまで、色々とルアーやパターンを試せるフィールドです!

初心者の方には現地のスタッフさんが釣り方をご指導をしてくださるのも良いですねhappy02

 

僕もここまで水深のある管理釣り場は初めてだったので、スタッフさんにご教授いただくと・・・

フェザージグの巻きフォールが効果的、との事。

17012610.jpg

(嵐山FAさんのブログより画像を拝借しました。)

 

岸からのブレイク(落ち込み)に沿ってフェザージグを巻きながら落していくのが理想だそうです。

ちなみに”フェザージグ”とは、

17012611.JPG

朽木でもよくお世話になっているこのルアー達の事。

 

早速【アチック】うさちゃんじぐを装着して釣り開始wink

最初は巻きスピードやカラーを色々試しながら・・・。

1発目はY様にヒットsign01

1701264.JPGアベレージサイズのニジマス!

 

さらにさらにY様が良型GET(≧∀≦)1701265.JPG同じルアーに同じような釣り方で僕にはアタリ一つ無しcoldsweats01

Y様は掛からずともアタリはよくあるとの事。

Y様はナイロンライン、僕はPEラインなので、アタリはY様より明確に出るはず(^^;)

 

違いがあるとすれば、

Y様のうさちゃんじぐは「薄いピンク」、僕は「オリーブ」や「レッド」や「ホワイト」をローテ。

同じ「薄ピンク」に変えてみると・・・

1701267.JPGようやくヒットhappy02

 

そこから二人ともアタるけど乗らない!が頻発しながらもポツポツ拾い釣り。

スタートが遅かった為あまり時間も無く、朽木のように魚が見えるフィールドではないので、

ひたすら反応の続く限り”巻きフォール”の釣り。

途中反応は薄い時間帯は【ヴァンフック】リーチ0.8gのスローフォールを試したりもcoldsweats01

1701268.JPGそこまで大きいサイズは釣れませんでしたが、

魚が見えないなりの釣り方で楽しむ事が出来ました(*^^*)

 

結局この日、「薄ピンク」「チャート」は頻繁にアタリが有り、「オレンジ」は時々、

それ以外の地味系カラーや「ホワイト」「濃いピンク」は全くダメ~という・・・。

カラーの重要性を再認識した一日でしたcoldsweats01

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > スタッフ釣行記 > 1月23日(月) またまた朽木渓流魚センター!のはずが・・・。

検索
Feeds

ページ上部へ戻る