Home > スタッフ釣行記 > 11月18日(金) 南紀ティップラン!デカイカGet~♪

11月18日(金) 南紀ティップラン!デカイカGet~♪

先日、いつもお世話になっている「サウスカレント」さんに行ってきましたwink

 

シーズン的にそろそろキロUPが複数混じるようになり、ティップランの本領発揮!?を期待して向かったのですが。

到着後船長に話を聞くと、水温の急低下のせいか数日前から突然厳しくなってしまったと。

・・・まぁ、あるあるですなgawk

 

とにもかくにも昼過ぎから出船で、まずは前回同様湾内のエリアからスタート。

しばらく様子を見るも、一切反応はナシ・・・。

 

この日は風も緩くベタ凪の一日。

船長の提案で、湾内から少し沖に出たポイントへ移動することにdash

ここのところ黒潮の影響を受けていることもあり、一発が狙える雰囲気sign01

やはり湾内と違って潮流がある為、仮面シンカーを使ってウエイトを調整しながら反応を待ちます。

(普段から潮流のある明石海峡でやっていると、こういう時すごく役立ちますね!)

 

が、アタリの無いまま1時間・・・2時間・・・3時間・・・。

気が付けばあっという間に夕マヅメcoldsweats02

ここまで船中誰一人アタリすら無しsweat01(エギに引っかかってきたアカハタ小が1匹。。。)

不穏な空気ムンムンすぎる・・・。

 

そして迎えた午後5時。

同船のお客様に待望のアタリがsign01

フッキングと同時に強烈な引きsign03

「これデカそう!!」と船内が盛り上がった瞬間、パチンimpact

少しドラグがキツかったか、惜しくもラインブレイクweep

これからの時期のイカはファーストランが想像以上。

ドラグ設定がとても重要になりますね(>_<)

 

この一発を機に、切れかけていた集中力を取り戻し、再び夕マヅメの一発に備えます。

沈黙が続き、ほとんど陽が沈んでしまった頃、僕の竿に待ちわびたクンックンッと抑え込むアタリ!

外海回遊の赤イカ系と言われるアオリイカは早合わせ禁物danger

コンマ1秒ほど置いてフッキングsign01

ジーッ!ジーッ!と、強烈とはいかないまでも、気持ちよくドラグを出す引き。

1611204.JPG1,350gの赤系アオリイカを捕獲♪

ようやく沈黙を破れましたcoldsweats01

 

そして数十分後、さっきとは比べ物にならない引きが!!

大型特有のティップが跳ね上がるアタリから、一呼吸置いてフルフッキングimpact

その直後、糸出っ放し。しばらく何もせず(何も出来ず笑)走らせて・・・

走りが落ち着いたら後はテンションだけ抜かない様にゆっくり寄せて、ネットインhappy02

1611203.JPG

1611205.JPG2735g、胴長42㎝の回遊アオリイカ(*^^*)♪

1611206.jpg普段から外海にいるだけあって、同じクラスの白系アオリイカよりも一段引きが強いように感じましたwink

 

ヒットエギは【クレイジーオーシャン】オーシャンスキップ3.5号。

1611202.JPG大物対応の4号カンナに、コトコト音を発するエコロケーションシステム搭載!

冬の大型赤系アオリイカ「レッドモンスター」に数多くの実績があるエギですwink

1611201.JPG

勿論、深場用の仮面シンカーもお忘れなく!

 

これから年内は近場のティップラン、年が明けると和歌山の「レッドモンスター」狙いが始まります。

2キロUPは勿論、5キロクラスまで飛び出す夢のある釣りです!

我こそは!という方、是非チャレンジしてみてくださいshine

 

【使用タックル】

ロッド・・・(がまかつ)EGTR S510M-solid.F

リール・・・(ダイワ)15イグジスト 2508PE

ライン・・・(サンライン)PE EGI ULT HS4 0.5号

リーダー・・・(バリバス)エギングショックリーダー 1.7号

エギ・・・(クレイジーオーシャン)オーシャンスキップ 3.5号-32g

シンカー・・・(クレイジーオーシャン)オーシャンシンカー 20g/(ヤマリア)エギ王TRシンカー10g

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > スタッフ釣行記 > 11月18日(金) 南紀ティップラン!デカイカGet~♪

検索
Feeds

ページ上部へ戻る