Home > スタッフ釣行記 > 8月18日(木) シマノ ジギング実釣会inシーマジカル!

8月18日(木) シマノ ジギング実釣会inシーマジカル!

今回はシマノさんの新製品の試釣会で大阪府堺市の「シーマジカル」さんへdash160818jh (10).jpg豪華クルーザーが沢山並ぶオシャレなマリーナから出船し、まずは和歌山紀北のタチウオジギングへ・・・私にとって和歌山は鬼門の釣り場なんですけどねcoldsweats01160818jh (11).jpg新製品のロッド「ゲーム サーベルチューン」とリール「グラップラーCT」のセットを受け取り、ジギングスタートpunch160818jh (3).jpg着底後、速いジャークから喰わせのフォールで誘うとわずかな違和感を感じ、即アワセっup

ロッドのコンセプト通り、誘いと喰わせの操作がしやすく、非常に高感度なロッド仕上がっていますflair

船中最初に上がって来た私のタチウオは、指2本幅のタチウオ(この時は『ま、すぐにサイズアップ出来るから写真は撮らなくて良いか・・・』なんて余裕のリリースでしたが・・・)。

その後は船中でもほとんどアタリ無く、私はグチを1本追加したところで、あまりにもタチウオの反応が悪いので、鯛カブラのポイントへ移動。(タチウオが釣れないなんて、鬼門パワー炸裂かsign02

 

タックルを替え、鯛カブラ開始punch160818jh (8).jpgタチウオとは違い、マダイは好反応で船中でもポツポツと上がりだしますが、しばらく私には無反応coldsweats02

それを見かねたのか、シマノアドバイザーの佐々木 洋三さんが「これ良く釣れますよ!」と手渡してくださったのが今話題の「炎月集魚ネクタイ」のフラットタイプ「ノレソレ」(左)とカーリーテール「ビビットカーリー」(右)shine160818jh (2).jpgカブラのネクタイとラバーを全て外し、まずは「ノレソレ」をセットし再開。

するとすぐにヒットし、(超)小さいながらもマダイキャッチhappy02160818jh (1).jpg程なくして「ノレソレ」の威力炸裂で会心のヒットimpact

しかし、各地で使い回された試釣用タックルでラインにダメージが有ったのか、良型らしきマダイとのファイトでまさかのラインブレイクcrying・・・(鬼門パワー確定~)

そこで、ネクタイを「ビビットカーリー」に付け替え、再投入すると、ようやく良型のマダイ(45cm)をキャッチhappy02160818jh (4).jpg今回は通常のネクタイよりも「集魚ネクタイ」の方が明らかにヒット数が増えましたね~shine160818jh (7).jpgそして、今日1番大きな65cmのマダイを釣り上げたのは、佐々木 洋三さんcrown160818jh (9).jpg「炎月集魚ネクタイ  ビビットカーリー」でのキャッチ、お見事ですshine

 

今回、使用したタックルの中で、最も印象に残ったのは「ENGETSU 100PGflair160818jh (12).jpg鯛カブラリール初の「マイクロモジュールギヤ」搭載で圧倒的な巻き心地good

このノイズの無い巻き心地はリーリング中の集中力の維持と、わずかな水中の変化も捉えるリール感度を感じますup

鯛カブラが苦手な私でも「鬼門パワー」を跳ねのけ、2枚のマダイをキャッチ出来たのはこのリールの性能のお蔭ですねlovely

 

そして、鯛カブラも潮が止まり、ラストチャンスはジギングへdash

船中ではジグでマダイやサワラがキャッチされだしましたが、私はサワラ(多分)のラインブレイクを2発喰らい、終了~weep

やっぱり私、「和歌山」苦手ですcoldsweats01

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > スタッフ釣行記 > 8月18日(木) シマノ ジギング実釣会inシーマジカル!

検索
Feeds

ページ上部へ戻る