Home > スタッフ釣行記 > 5月16日(月) 鯛カブラin須磨港 大雄丸!

5月16日(月) 鯛カブラin須磨港 大雄丸!

鯛カブラシーズン突入!と、言うわけで須磨の大雄丸さんへpunch20160516_053636.jpgですが、前日の天気予報では波高1.5mの時化模様だったので・・・wave

普段、瀬戸内の釣行では飲む事の無い「アネロン(酔い止め薬)」を服用して乗船typhoon

 

ポイントに到着も、予報通りの強い風に揺られる船・・・『アネロン、飲んでて良かった~』shock

風は予報通りですが、予想以上の二枚潮に底取りがし辛いcoldsweats02

そんな時は・・・「セブンスライド」の鯛玉オモリshine20160517_194902.jpgまずは120gを付け、底取りは楽に出来るがアタリが無いまま気が付きゃ、お昼過ぎ。

船中でもまだ、「マダイ」の釣果はゼロ・・・wobbly

さらに二枚潮はきつくなり、最終兵器150gを投入。

辛うじて底取りが出来る状況でようやく待望の「マダイ」がヒット~flair

値千金のヒットに超慎重なファイトで、無事ネットインhappy0220160516_134950.jpgヒットカブラは「カルティバ SAKURAドロップ スカートフック」の「ピンク」flair20160517_195025.jpg「乗らなかったアタリが、乗る!!乗れば貫通!!」のパッケージ通り(?)、数少ないアタリをキャッチできた↑これは私の1軍入りに決定ですscissors

 

釣れた1枚の「マダイ」は3世帯で分けたので、私の取り分は3切れrestaurant20160517_222911.jpgチョットオシャレ(?)な「マダイの湯引き カルパッチョ風」で翌日の夕飯に登場shine

量が少ないせいか、とても美味しく頂きましたhappy02

 

今回は波風が強く、ポイントを回れず厳しい釣果となってしまいましたが、鯛カブラシーズンはこれからです!

状況さえ良ければ巻くだけでお手軽に釣れる鯛カブラに皆様もチャレンジしてみてはいかがですか?

secretアグレッシブな大雄丸さんは、他船が攻めない様な早い潮でもポイントに入り釣果を出されています。

大雄丸さん(TEL 090-5068-7667)に乗船される方は、100~150gの重めの鯛カブラのご用意もお忘れなく。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > スタッフ釣行記 > 5月16日(月) 鯛カブラin須磨港 大雄丸!

検索
Feeds

ページ上部へ戻る